出会い系の法律について

  • 私達が生活していく上で色々な法律がありますが、出会い系にも出会い系にサイトに関する法律があります。
  • 出会い系の法律を知らない人も多くいると思うので、今回は出会い系の法律についてまとめていきたいと思います。
  • 出会い系の法律

  • 出会い系には「出会い系サイト規制法」という物があります。
  • 出会い系サイト規制法の正式名所は、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」と言います。
  • この法律は、平成15年に制定されたものの、出会い系サイトの利用に起因した犯罪が多かったため、平成20年に規制を強化などして、一部改正されました。
  • 今までは悪質な出会い系サイト業者を野放しにしていましたが、改正されてからは、このような悪質な出会い系サイトを排除するために、総務省が介入出来るようになったのです。
  • そのため総務省から指摘を受けた悪質な出会い系サイトなどは、改善をしない限り、サイトの運営をすることが出来ません。
  • 男性5

  • また出会い系を運営するためには届け出が必要が必要なので、届け出をしなければ運営すら出来ません。
  • この法律で国家公安員会に届け出をしなくてはいけませんし、サイト上の表示も必要なのです。
  • そして1番は、18歳未満の児童を犯罪から守るための法律なのです。
  • 18歳未満は出会い系サイトを利用することが出来ません。
    また出会い系では、児童なのかどうかをチェックすることが義務付けられていて、登録時に必ず年齢確認が行われるようになっています。
  • もしも登録時に年齢確認が行われない出会い系は、悪質な出会い系の可能性が非常に高いのですぐに利用を辞めましょう。
  • 利用者にも適用される?

  • 出会い系サイト規制法と聞くと、どうしても事業者だけに関係している法律だと思っていしまう人がいると思います。
  • 利用者にも適用されるので、関係ないと思っていると危ないです。
  • ではどのような規制が利用者に適用されるのか見ていきましょう。
  • ※未成年と知りながら手を出した場合、売春容疑や児童ポルノ、強姦容疑、わいせつ容疑などの容疑がかかり捕まりますので要注意して下さい!!
  • (未成年と知らなかったを警察に自供したらいいことだと思うかもしれませんが、LINEなどの履歴が残ってたり、相手がボイスレコーダーで録音してることもよくあるので未成年には手を出さないことがベストです。
  • 男性3

  • 1つ目は、出会い系の掲示板に児童を相手とする異性交際を求める書込みは禁止されています。
  • 2つ目は、出会い系の掲示板に児童を性交の相手とする交際を求める書込みをした人や児童を相手として金品を目的とした異性交際を求める書込みをした人は処罰の対象になります。
  • 3つ目は、児童が出会い系サイトを利用することは認められていません。
  • これらは児童を危険から守るために規制されています。
    もしもこのような書き込みをしている人、児童を見つけた場合は、管理側に通報するようにしましょう。
  • まとめ

  • このように出会い系には色々な法律があります。
  • 全ては児童を危険から守るために規制を強化しています。
    児童は出会い系を危険だということを理解しなくてはいけませんが、まだ子供なので判断できていな子もいます。
  • 大人が児童を守る立場ではありますが、それを利用して悪いことを考える大人もたくさんいるので、変な書き込みを見かけた場合は通報をして児童を危険から守りましょう。